L U N I V E R S E

Industry

Financial

Blockchain for Every Industry

ラムダ256は様々な分野の企業を対象に ブロックチェーン技術と デジタル資産の導入を支援します.

Financial

ブロックチェーン技術を活用すれば中央化された伝統的金融インフラの閉鎖性から脱却して分散金融サービス及び商品を発売することが可能です。仮想資産を活用した決済、ステーブルコイン、資産のトークン化、クリプト貸付、脱中央化した取引所、取引セキュリティ及びユーザー認証等金融内部の極めて様々な分野でその可能性が試みられています。また、長い時間と費用を要していた各銀行或いは機関間の金融ネットワークを、ブロックチェーンによってより安全かつ速く運営できるようになります。

ブロックチェーン金融インフラ

ブロックチェーンを基盤とする新しい金融インフラの活用可能性は様々ですが、とりわけ、銀行口座の無い全世界20億人に新しい金融アクセシビリティをもたらすものと見込まれます。代表例としては、東南アジアの人口の70%は銀行口座が無い状況にありブロックチェーン基盤のステーブルコインを活用することで彼らをTech+Finの顧客として誘引できると期待されます。

Luniverse Stablecoin Solution

ステーブルコイン(Stablecoin)は金、ドル、原油等多様かつ安定的な実物資産と連動して価格の安定性を確保する仮想資産です。ルニバースステーブルのコインソリューションは、特に別途Gas Feeのいらないモデルで、より高い性能の向上したユーザビリティを提供します。取引手数料はステーブルコインの取引量から一定のパーセンテージが差し引かれるかたちとなっており、コインの発行者が取引手数料を調節可能で、DeFiサービスとの連動が容易です。

事例. Rupiah Token

ルピアトークン(IDRT)はインドネシアのジャカルタに拠点を置くスタートアップであるPT Rupiah Token Indonesiaが発行したインドネシア最初の暗号資産です。

IDRTは、インドネシア銀行のルピア通貨準備金によって1:1で支援されており価格が安定しています。ルニバースステーブルのコインソリューションを活用して発行されたステーブルコインであるIDRT-Lは現在アップビットインドネシア取引所に上場され取引されています。

デジタル決済

簡単・迅速かつ一層安全で効率的な決済の必要性が世界的に増加しています。既存の決済システムは多くの中間機関が介入している形態となっており、決済段階で介入する参加者の数だけ費用と処理時間及び管理費用が増加せざるを得ませんでした。とりわけ、未だ決済システムが発達していない国においては、ブロックチェーン基盤の決済が安全であると同時に費用の面でも効率的な解答になり得ます。すでに既存の決済システムが相当発達している場合でも、費用節減のみならずブロックチェーンによって決済内訳を透明に公開し信頼を確保することで効果を発揮できる分野での活用が期待できます。

ブロックチェーン基盤の決済/Cross-border送金

事例. Cherry

ブロックチェーン基盤の寄付プラットフォームである「チェリー希望を共にするプラットフォーム」は、寄付金が募金•伝達されるすべての情報をリアルタイムでブロックチェーンに記録し透明に公開します。また、スマート契約によってのみ寄付金が伝達されるため、寄付金流用のリスクを最小化しました。

Explore how blockchain can transform
your business

Talk to Sales
Explore how blockchain can transform 
your business

4F, 14 Teheran-ro 4-gil, Gangnam-gu, Seoul, Korea, 06232
Ceo. Park Jaehyun
Business Registration No. 694-86-01434
Online Marketing Report No. 2019-Seoul Gangnam-02255

ⓒ Lambda256 Inc, All Rights Reserved.